★ ★ ★ さまざまな出来事を猫ZAMURAIの独自の視点で考える(^_^メ) ★ ★ ★ しばらくくつろいでくださいな♪♪

✷ようこそ✷ 

『おおきに・・・。』


jmaiko.jpg 

  

画像提供:ムラカミ34 

✷君への手紙✷ 

 

ささやかだけど受け取れ~。 

  

 

「秋だぞ。

食べろ。」

「冬眠の準備はOKか?」

「寒くなってきたが、

お布団は足りてるか?」

「湯たんぽの温度調節には、

細心の注意を払えよ。」 22

✷当ブログご紹介($・・)/~~~ 


116当ブログはニュース情報を主に取り扱っているが、面白いと思ったり気になったものは動画でもなんでも取り上げる予定。

専門的になりすぎずに読みやすさを心がけていきます。

下▼におススメ一覧を挙げているのだ!

th_099_.gif 313

★ぜひ読んでもらいたいネタ★($・。・)/~~ 

まだまだ見てやってくだせぇ~(>_<。)

●しんみりとくる    詩     ロマンチ ●禁煙者の叫びーー(>_<)   コミカル    ●強引な裁判員制度(゜.゜)    シリアス              ●セブンイレブン業界の憂鬱   社会     ●生涯未婚率3割の衝撃!    男女    ●GM 破産法11条とは?    時事    ●マグニチュードと震度のお話   雑学    ●天からの世界への贈り物     奇想 ●宮崎マンゴーと東国原英夫    政治

▼▼下のカテゴリの中にありまする▼▼

猫のカテゴリ 

猫の最近筆っ書き帳 

猫のプロフィール 

猫侍

Author:猫侍
★猫ザムライ。

わしはいっつもこうやって寝るんっじゃ!
文句あっか!
冬はこの方が温かいんじゃ!

瀬戸内の海が見渡せる街に
生息。
時に真面目に、
時に不真面目に世の中を観察。
正義感が強く、
強がってなんでも耐えるフリをするが、
実はさみしがり屋だったりする。

あちっつ!

更新不定期。
方向性は定まらず、猫の如し。
痛いの、酷いの、悲しいのが嫌い。


★当ブログはリンクフリー。
相互リンク希望の地球人には受けて立つ。
★ブロとも申請バンザイ!
★気軽にコメントも待ってるなり($・・)/~~~
★できれば刺身と桜餅をくれ!





猫の月別冷蔵庫 

猫へのコメント 

✷グーグルあど✷ 

★猫のニュース速報★ 

地球上のこよみ 

明日なにしよう?

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アンダーラインがある日をクリックしたら日替わり書庫です★

最新トラックバック 

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●出会いサポート
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「生き埋め数千人」情報 スマトラ沖大地震


 
 

 【ジャカルタ=矢野英基】30日午後5時16分(日本時間同7時16分)ごろ、インドネシア・スマトラ島沖で大規模な地震があった。

米地質調査所によると、震源は同島パダンの西北西約45キロで、マグニチュード(M)は7.6、震源の深さは約80キロ。

AP通信などによると、13人が死亡し、インドネシア保健省当局者は数千人ががれきの下敷きになっていると明らかにした。同国各地から救援の医療チームが現地に向かっているという。

 パダンでは多数の建物が崩れたり、火災が発生したりした。

 


http://www.asahi.com/international/update/0930/TKY200909300310.html?ref=rss

 

 

マグニチュードと震度ってのはよく混同されがち。

震度がその地点での揺れを示す数値だから、

一般的には震度を地震の目安にしたくなってくるのだが。

 

マグニチュードは地震の規模。

地震の総パワーを把握しようと思うのなら

マグニチュードが適している。

  

今回のスマトラ沖地震ではM7.6。

阪神大震災ではM7.3程度とか。

マグニチュードが0.2変われば、地震の規模は2倍になる。

  

ということは、スマトラ沖地震は阪神大震災の2~4倍の規模か。

(・へ・)

  

▼震度とマグニチュードの簡単な考え方▼

  

スポンサーサイト
●出会いサポート
2009/10/01 07:30|マグニチュードと震度のお話TB:0CM:3

 

木造家屋7階建て

という、現実的にはあまりありえない建物

での耐震実験です。(^_^メ)

しかし、工夫次第で鉄筋だろうが木造だろうが

免震の手掛かりが得られるであろう実験です。($・・)/~~~

 

  

◆日本にある「世界最大の耐震実験施設」で、木造7階建の試験(動画)


7階建ての木造共同住宅をマグニチュード7.5程度で揺らす実験が、14日(米国時間)に行なわれた。これまでで最大規模の震動台実験の一環だ。

 

 

動画&記事詳細▼

http://wiredvision.jp/news/200907/2009072322.html

  

 

上の動画ではそんなに揺れて見えないけど、

下の内部の映像を見てみると・・・・。

  

震撼ーーー!!! ガクガク((((;゚Д゚))))ブルブル

 

 

 関係あると思われる動画をピックアップ($・・)/~~~

  

耐震補強あり と 耐震補強なし の違い▼

  

 ひ、左側の家はあっけない(@_@;)・・・。

 

直下地震で東京が火災地獄に?▼

  

工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工 

  

”災害は忘れた頃にやって来る”って言います。

たまには思い出して備えておけば、少しでもとっさの行動に差が出るのかも\(◎o◎)/!

  

という願いを込めて掲載してみましたm(__)m

  

▼参考 マグニチュードと震度のお話▼

●出会いサポート
2009/07/24 06:52|マグニチュードと震度のお話TB:0CM:0

 

【関連した時についでに覚える!!】

  

ってのを自分に言い聞かせました(・へ・)  さっき・・・・。

なので先日の北朝鮮の地下核実験に関連したキーワードを確認です。

記事を書くその日の時間によって連載ネタだったり雑学ネタだったりしばらく迷走するかもしれませんが、

どうかご勘弁を(ToT)/~~~

前置きが長いと嫌われる、んで、さっそく($・・)/~~~ 

今回は ついでに覚えようマグニチュード!!! です。



【マグニチュードとは】

  

今回の北朝鮮の地下核実験に関するテレビや新聞などの報道で、

「前回(2006年)の核実験の時はマグニチュード4.9で、今回の核実験のマグニチュードは5.3で、

今回の地震のエネルギーは前回の4倍です。」

などと報道されてました。


  

今回の核実験に限らず地震のときなどには比較でよく耳にする言い回しなんですが、

なぜ  4.9  から  5.3  で 4倍  (@_@;)??  なん?

って思ったことはありませんか?

  

あっ、、、、ないっすか(;O;)??  拙者はありますんでゴメンナサイへへ(・へ・)(笑)

ちょうど一年前に起こった四川省の大地震も記憶に新しいところなんですが、

テレビで専門家が

  

回の四川大地震のマグニチュードは、7.9  それに対して、 阪神淡路大震災の時が  7.3

なので、四川省の大地震のエネルギーは

単純計算で阪神淡路大震災の  8 倍  、さらに

さまざまな環境を考慮したら、なんと 30倍  になるなどと、言ってました・・・(@_@;)

  

はっ、!?

阪神淡路大震災のマグニチュードが 7.3  四川省の大震災が 7.9  なのに

なんで 8 倍 とか、 30 倍 になるの(゜.゜)

7.3  ⇒  7.9  普通に目で暗算したら1.数倍とかじゃね!?と感じです。

  

ということで、今回はマグニチュードについて簡単に確認します。

震度とマグニチュードの違いについては、なんとなくわかってる感じの人が多いと思いますが、

いちお、一言ずつ確認~

  

     ◆震度=その地点での揺れの大きさを示す指標  

         震源地に近ければ大きく、離れれば小さくなります。

         ちなみに1996年までは気象庁の一部の職員たちが体感・目測で震度を決定

         してました(~o~)

   

     マグニチュード=地震の規模を示す指標

            観測地点に左右される ことはありません。

  

上のは震度とマグニチュードの違いとして一般的によく言われる区別の仕方なんですが、

やはりマグニチュードの捉え方がイマイチあいまいです。

  

 

★【やはり理解したいのはマグニチュード】★

  

マグニチュードを決定している基本の計算式、ってのがあるんです。
    ▼          ▼
  

マグニチュード(M)の定義
M=logA+logB
           見たくねぇ~数式ーーーーーー(ToT)/~~~

だから覚えなくていいです

上の計算式で表しているところは、

100キロ離れた地点で観測しているギャラリーが、地震の揺れによって飛び上がった数値、考えてください。

  

さっそく実験!(@^^)/~~~

今から拙者はスーパーサイヤ猫 (怪力猫) になって、地球を殴りますんで、あなたが100キロ離れた地点のギャラリーになって、一緒にやってみましょうね($・・)/~~~

ん?あなたが殴る方になりたい??    却下です!(^v^)(笑)


さぁ今から懇親の力をこめて地球を殴ります!

振動であなたが何センチ飛び上がったか教えてください!

行きます!・・・・・・・・・それっ、猫パンチ!



「あーたたたたたたたたたたたたーーーーーーーーーーーいててーーーあたたたたたー

!!!!!!!!!!!!!」


ぜぃぜぃ、   あ、ケンシロウじゃないですよ?あくまスーパーサイヤ猫です(・へ・)★

何センチ飛び上がりましたか?

1センチですか(・へ・)?

じゃあ1センチを上の計算式のAにあてはめてみます。  

                               注意点: 

                               ①単位が違うので1センチ×10000にする
                               ②logBは補正値なので、今回は無視



M (マグニチュード)      =   log10000     になりました(*^_^*)

                    =  ↑ グーグル検索にそのまま代入

                    =  4          
 
今回のパンチによる地震の規模は、マグニチュード4です(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

  

基本的には、こうやって計算していきます。\(~o~)/


つまり、100キロ離れた地点の観測者が何センチ飛び上がったか(正確には震度計が何センチ振幅したか) をもとに計算しているだけなんです。

  

ちなみに、マグニチュードを5にしようと思ったら、飛び上がる数値(正確には振幅幅)は10倍、つまり10センチ飛び上がらなければいけません(・o・)

  

計算方法はなんとなくわかりました。

でもマグニチュードが1.0増えただけで地震の規模が32倍になるなどと専門家が言ってることがまだ説明できてません(・へ・)


  

それは、マグニチュードが0.2増えるごとに実際のエネルギーは2倍ずつ大きくなるからなんです。

北朝鮮の核実験による地震と四川省大地震、阪神淡路大地震にあてはめてみます。

  

  

北朝鮮の核実験によるマグニチュードの増加 と 推定されるエネルギー倍率 

前回 4.9   
    5.1      4.9の2倍
今回 5.3    さらに上の2倍  だから、4.9の2倍の2倍 = 4倍

  

 


阪神淡路大震災から比較したときの四川省大地震のマグニチュードの増加 と 推定されるエネルギー倍率

阪神大震災   7.3
          7.5   7.3の2倍
          7.7  さらに上の2倍    だから、7.3の2倍の2倍    = 4倍
四川省地震   7.9  さらに2×2     だから、7.3の2倍の2倍の2倍 = 8倍
          8.1                                   16倍
          8.3                                   32倍



上の8.3-7.3で32倍 

  

マグニチュード1.0 違うだけでこんなにもパワーに差が出るんですね(>_<) 

                                     ※ 実際には公式に当てはめて約32倍と導き出しています。

2_magni.jpg 

【最近では新たな計算の仕方を用いるからバラツキもある】

  


最後の疑問です($・・)/~~~

まだ、四川省大地震によるエネルギーは阪神淡路大震災のときのエネルギーに比べて単純計算の8倍ではなくて、なぜか30倍になるって言ってた専門家の話 が説明できてません(>_<)

上の表で当てはめてみた場合には7.3から7.9なら8倍にしかならないのに。

  

という疑問に対する答えです。

   ▼      ▼

はじめに書いたマグニチュードの計算方式では、 限界が生じてきたんです。 (ToT)/~~~

周波数上の特性から、

どんなに大きな巨大地震でもマグニチュード8.5辺りで頭打ちになるという限界です。

車で言えばレブ・リミッターのような感じで、本当はもっとパワーがあるはずなのに計測できない、と。

これでは巨大地震を計測するのに適していません

  

そこで考えだされたのが モーメント・マグニチュード という指標です。

これは、断層面の大きさ、断層面の距離なども加味してマグニチュードを補正し直す指標です。

何メートルの高さのズレがあって、何キロに渡って断層亀裂が続いているかなどです。

現地調査を終えた専門家が、マグニチュードを大きく訂正し直してるのはこのためです。

  

動いてる電車が止まりにくいのは、慣性という力が働いているからです。

これと同じように、止まっているものには動きにくさ、という力が働きます。

これがモーメントです。

  

動きにくい断層をこれほど長きにわたってズラしたのだからもっと大きな規模の地震だったハズ、実際のマグニチュードにも反映させようというわけです。

現実には気象庁マグニチュード、モーメント・マグニチュードなど、複数の算定方法を駆使してマグニチュードを算出しています。

  

以上のことなどから、現地調査を終えた専門家は四川省大地震は阪神淡路大震災の30倍クラスと結論づけたのでした。

       ちょっとはわかったかな($・・)/~~~

 

 

●出会いサポート
2009/05/29 23:45|マグニチュードと震度のお話TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧

✷Boooowwww!✷ 

✷絵描きさん専用 

アニメ ・ イラストブログ

✷スポンサードリンク✷ 

変わりダネ含む

✷ブログ内記事検索 

✷LINKS 

みんなと繋がるリンク 

どうかこちらもよろしく(@^^)/~~~

このブログをリンクに追加する

携帯からOK!QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 猫ZAMURAI~の物見櫓ニュース(*⌒▽ ⌒*)! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。