★ ★ ★ さまざまな出来事を猫ZAMURAIの独自の視点で考える(^_^メ) ★ ★ ★ しばらくくつろいでくださいな♪♪

✷ようこそ✷ 

『おおきに・・・。』


jmaiko.jpg 

  

画像提供:ムラカミ34 

✷君への手紙✷ 

 

ささやかだけど受け取れ~。 

  

 

「秋だぞ。

食べろ。」

「冬眠の準備はOKか?」

「寒くなってきたが、

お布団は足りてるか?」

「湯たんぽの温度調節には、

細心の注意を払えよ。」 22

✷当ブログご紹介($・・)/~~~ 


116当ブログはニュース情報を主に取り扱っているが、面白いと思ったり気になったものは動画でもなんでも取り上げる予定。

専門的になりすぎずに読みやすさを心がけていきます。

下▼におススメ一覧を挙げているのだ!

th_099_.gif 313

★ぜひ読んでもらいたいネタ★($・。・)/~~ 

まだまだ見てやってくだせぇ~(>_<。)

●しんみりとくる    詩     ロマンチ ●禁煙者の叫びーー(>_<)   コミカル    ●強引な裁判員制度(゜.゜)    シリアス              ●セブンイレブン業界の憂鬱   社会     ●生涯未婚率3割の衝撃!    男女    ●GM 破産法11条とは?    時事    ●マグニチュードと震度のお話   雑学    ●天からの世界への贈り物     奇想 ●宮崎マンゴーと東国原英夫    政治

▼▼下のカテゴリの中にありまする▼▼

猫のカテゴリ 

猫の最近筆っ書き帳 

猫のプロフィール 

猫侍

Author:猫侍
★猫ザムライ。

わしはいっつもこうやって寝るんっじゃ!
文句あっか!
冬はこの方が温かいんじゃ!

瀬戸内の海が見渡せる街に
生息。
時に真面目に、
時に不真面目に世の中を観察。
正義感が強く、
強がってなんでも耐えるフリをするが、
実はさみしがり屋だったりする。

あちっつ!

更新不定期。
方向性は定まらず、猫の如し。
痛いの、酷いの、悲しいのが嫌い。


★当ブログはリンクフリー。
相互リンク希望の地球人には受けて立つ。
★ブロとも申請バンザイ!
★気軽にコメントも待ってるなり($・・)/~~~
★できれば刺身と桜餅をくれ!





猫の月別冷蔵庫 

猫へのコメント 

✷グーグルあど✷ 

★猫のニュース速報★ 

地球上のこよみ 

明日なにしよう?

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アンダーラインがある日をクリックしたら日替わり書庫です★

最新トラックバック 

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●出会いサポート
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

◆東国原知事の≪爆弾≫総裁候補発言を受けて

 

        「冗談なんでしょ?」

         「え?本人はいたって本気なん?」 
(゜-゜)



宮崎県の東国原英夫知事が次期衆院選に自民党公認で出馬する条件として、自らを党総裁候補とすることを挙げたことに対して、ここ数日各方面から批判や反発が相次いでいる。

 
おもに”コメント”を中心に羅列してみますーーー($・・)/~~~




◆爆弾炸裂      
 KOGA
「衆院選出てちょ。」

             HIGA「もち総裁候補でしょ?」

                KOGA「・・・・・・・・・・・・。ゴクン。(゜-゜)」


◆after


          
「総裁のいすが軽く見られた」(党三役の一人)



                   「自民党全体がバカにされている」(閣僚経験者)




 「彼一流のジョーク。国政に意欲はあり、立候補する」

                      (宮崎県選出の同党議員)

  

  「返事のできないことをぶつけるのは選挙に出る意思がない証拠

                         (笹川尭総務会長)


  

大島理森国対委員長

「党総裁になりたいのであれば 、党の議員としてまず活躍してから発言すべきだ」


       丸山和也参院議員

バカバカしい。選挙責任者が外から力を 借りるようなことで、

自民党が本当に改革していくエネルギー を示せるのか。本当に情けない」

  
          

     橋下知事

     「国民の感覚を代表している知事」

         「東国原知事の注文は、国民の総意とみてよいのでは 」

 

 

  
      「ここまで落ちたか、もの悲しい」

                             国民新党の亀井静香代表

「自民党は人材がいないということを天下にさらした。自民党もそれ

なりの終えんを迎えてもらいたい。」

 

              「散るも桜。散り際が良けれ ばまた芽が吹く」





「あほらしい。のぼせない方がいいよ」自民党幹部の一人

 

 

      ある派閥領袖の一人「そんなばかな話はあるか」





「知事の1期目も終えていない中で、政党を救うために知事の職を投げ捨てるみたいな発想が、

県民や国民に理解されるのか 。疑問があるのではないか」

「宮崎県の宣伝マンとしての活躍は 素晴らしいが、国会議員にふさわしいかはコメントする状況ではない」

                          (鳩山由紀夫代表)

  

  

    

 「(総裁候補にと)言う方も言う方だが、言われる方も言われ る方だ。

 

                 自民党はピエロだ」(民主党選対幹部)

 

  

       「ポピュリズムの極みだ。古賀氏ははらわたが煮えくり返って

いるだろう。首相も哀れだ」          (民主党国対幹部)


 

 

「同知事が総裁候補とすることを出馬の条件に挙げたことには

自民党の値打ちが下がったということだ

                            (岡田克也幹事長 )

 

 

 

    「麻生では駄目だと知事に言わせたのでは」

                  (山崎派ベテラン )

 

 

「おちょくったような気持ちで言っておられるとは思わない」

                               首相は、平静。 
     

   

「自民党がこけにされた。結果としてなめられたというか、足元を見透かされた感じがする

                               (鳩山邦夫前総務相) 
  

 

     

     「本当に情けない。(党には)人材はいっぱいいる。古賀さんの責任をきちんと追及すべきだ。場合によっては(古賀氏には)即刻辞任してもらうようなことがあっていい」

 

                         (再び丸山和也参院議員)

 

      

「東国原氏も(出馬を)考えていないという代わりに、ジョークみたいな感じで答えたわけだから。

『出馬しない』という言い方がそういう言い方になった」

                                 (細田幹事長)

  

   

   

「(東国原氏は)直ちに麻生太郎首相の交代を求めるとかでな く、どのくらい本気で候補者の選別を行っているのか、(古賀氏に)覚悟を聞いたのではないか」

 

                             (河村建夫官房長官)




 

  「今の段階ではプラスにならない」(公明党漆原良夫国会対策委員長 )




      「あほらしい」(笹川総務会長)

 



           「東国原くん、顔を洗え」(松浪健四郎)

  


「シャレでしょ? 断るために言ったとしか思えない。ホ ントだったら、すごすぎる」

                              (橋下大阪府知事)






    知事に近い支援者

   「まだ就任2年目だし、県政の混乱も招くので出てほし くはない。あとは本人の判断だ」



    

 しかし、

 

    当の東国原知事

 

「ふざけているとか、おちょくっているとかいうことは一切ない。

政権与党に体質も変わっていただきたい。今回は千載一遇のチャンスだ」

 

                  と総裁のイスを求める姿勢を改めて強調。


  


伊吹文明・元幹事長

      「(東国原氏は)大衆的人気が沸いて 少し思い違いをしているん

      じゃないか」と厳しく指摘。

×

  

東国原氏

       「自民党は血液を入れ替える覚悟が必要だ」

×

伊吹氏

       「輸血は血液型が合わないものをしたら頓死する」 



 
 

山崎拓・前副総裁

      「まさにブラックジョーク。

      地方分権を 主張するなら、知事を任期いっぱい務める姿勢がな

      ければ正しくないし、県民への裏切り行為だ」

 


めげません。

東国原氏

「自民党内にも改革派 はたくさんいると思う。

このままでは駄目だと強く思う人はぜひ決起してほしい」

  

 img55986147.jpgマンゴー氏

 

         「僕を見捨てないで------!!!」・・・(@_@;)  

  

◆今日の記事

東国原知事の総裁候補発言「ブラックジョーク」とも
 2009政権選択

  
宮崎県の東国原英夫知事が次期衆院選に自民党公認で出馬する条件として、自らを党総裁候補とすることを挙げたことに、25日の同党各派閥総会で批判や反発が相次いだ。


伊吹文明・元幹事長は、「(東国原氏は)大衆的人気が沸いて少し思い違いをしているんじゃないか」と厳しく指摘。東国原氏が「自民党は血液を入れ替える覚悟が必要だ」と述べたことを念頭に、「輸血は血液型が合わないものをしたら頓死する」と皮肉った。

山崎拓・前副総裁は「まさにブラックジョーク。地方分権を主張するなら、知事を任期いっぱい務める姿勢がなければ正しくないし、県民への裏切り行為だ」と述べた。

一方、東国原氏は25日、宮崎県庁で「自民党内にも改革派はたくさんいると思う。このままでは駄目だと強く思う人はぜひ決起してほしい」と語った。

                                                                                                (2009年6月25日  読売新聞) 
                        

          物語風に読んでみる 東国原知事の野望ページ

    

スポンサーサイト
●出会いサポート
2009/06/25 21:57|宮崎マンゴーと東国原英夫TB:0CM:0

 

◆衆院選出馬要請に対し東国原知事

    

「次期総裁候補としてくれるなら」◆

前回に続いてのショートショート風で掲載します。             

  

「このままで次期衆院選を戦うことができるのか・・・。」

  

「いや・・・。内閣の支持率は日に日に低下しています。本来なら自民、

公明両党で過半数の241議席を取れるところが、

  
このままでは230とか220議席になってしまうかもしれない・・・。」


「首相、わたくしにいい妙案がありまする。

どうかおまかせを・・・。」



「うむ・・・。くれぐれも慎重に頑張ってきてくれたまえ・・・。」

  





日本遺族会会長の古賀選挙対策委員長は例年、沖縄戦の

「慰霊の日」である6月23日には「沖縄全戦没者追悼式」に出席している。

しかし、その予定を急きょ変更して一路宮崎へと飛んだ。  

  

  

静寂を切り裂いたのは古賀氏によるこの一言であった。

  

「真剣勝負をさせていただきにまいりました。」

「ぜひ貴方様に次期衆議院選挙を自民党から出馬することをご検討いただきたい。」

  

「・・・・。本当に本当に真剣なご要請でございまするか・・・。」

「ならば、わたくしのご要望、ご提案を提示させていただきたい。」


  

提示された2つの条件、

これが耳に入るやいなや

古賀氏の顔色は一気に曇りへと転じた。

 

    

「ゲハッ・・・・・・!・・・。」

                                          「み、水をくれ・・・。」

「・・・しばしご返答を検討させていただきたい・・・。」


「ボスに聞いてみるでやんす・・・。」

  

  

「どうであったか?」

「打診してまいりました・・・。が、あの男、条件を・・・。」

「で・・・条件とは?」

「一つは、全国知事会のマニフェストをそのまま自民党のマニフェストに入れ、

なおかつ4年間でそれらを実現させること、だそうです。」

  

「・・・。で、もう一つは?」

  
「次期衆議院選挙に、自らを総裁候補と位置づけて擁立する覚悟があるのかと・・・。」

 

    

  
「ブハッ・・・・・・!・・・。」

「ちょっっと・・・。ちょっと、ちょっと・・・・。」

「それってつまり、俺がもう一度次期自民党総裁になったら不服ってことやんけ・・・。」

                                 

                              「う、ウーロン茶を・・・・。濃いめで・・・。」  


「すみません。あの男想定外のことを要求してまいりまして・・・。」

  

「確かに”頑張ってきてくれ”とは言ったが、そんな風に
 

  

”東国ばって”きてくれとは言ってないぞ・・・。」

  

「いやあぁ、わたくしが”東国ばった”のではなくて、

  

あの者が勝手に”東国ばってきちゃった”もので・・・。」

   

  

                (゜-゜)・・・。バッタ・・バッテバッタ・・・・。  

  

  
「ほ、本家には敵いませぬ・・・。」

    

  
「確かに・・・。た、大義であった・・・。」

    

  

「で、一番重要な任務は忘れてないだろうな・・・。」

   

     

「・・・?と、言いますと?・・・」

  

      

「マンゴーのお土産に決まってんでしょ!!!」

    

「あ・・・。そう・・でした・・・・。」

      

 

    

【記事】

【衆院選出馬要請に東国原知事】

「自民総裁候補にするなら」
 2009政権選択

  

 
 自民党の古賀選挙対策委員長は23日、

宮崎県庁に東国原英夫知事を訪ね、次期衆院選挙に

同党公認での出馬を要請、知事は選挙後の党総裁就任を条件に掲げ、

話し合いはつかなかった。

  

 「知事の情熱、今の自民党にない新しいエネルギーがほしい」

と口説く古賀氏に、知事は

「私を次期総裁候補として戦う覚悟があるか」と尋ねた。

   

全国知事会作成の地方分権の提言を政権公約(マニフェスト)

に盛り込むことも求めた。

古賀氏は「一応、お聞きした」と答えるにとどめた。

会談後、知事は「今の自民党は国民と目線が違う。

外部から新しい風を入れ、血液を入れ替える覚悟が必要だ」と述べた。

  

古賀氏の行動と知事の発言に対し、党内では

「知事に依存しなくてはならないほど落ちてしまったと思うと情けない」

(松浪健四郎衆院議員)などと反発も噴き出た。

麻生首相(党総裁)は23日夕、首相官邸で記者団に

「(知事が)おちょくったような気持ちで言ったとは思わない」と語った。 

( 読売新聞より)

  

 

 

  

国民の反応は賛否両論。

県民の反応は冷ややか。

首相は唖然。

党内は猛反発。

選対委員は板挟み。

野党は自民党の足払い。

似たもの同士はエール。

でも丸山はなぜか怒り口調。

(^_^;)

細田さん”フーフー”

おしりには火が・・・。

(>_<。) 

   

 

各地で巻き起こる、

  

「ちょっと・・・。ちょっと、ちょっと・・・!」

  

      

当の本人が要求するのはただ一つ。

   

▼  

  

★「ザ・バトン タッチ!」(^_^メ)★

 

 

●出会いサポート
2009/06/25 19:14|宮崎マンゴーと東国原英夫TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧

✷Boooowwww!✷ 

✷絵描きさん専用 

アニメ ・ イラストブログ

✷スポンサードリンク✷ 

変わりダネ含む

✷ブログ内記事検索 

✷LINKS 

みんなと繋がるリンク 

どうかこちらもよろしく(@^^)/~~~

このブログをリンクに追加する

携帯からOK!QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 猫ZAMURAI~の物見櫓ニュース(*⌒▽ ⌒*)! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。