★ ★ ★ さまざまな出来事を猫ZAMURAIの独自の視点で考える(^_^メ) ★ ★ ★ しばらくくつろいでくださいな♪♪

✷ようこそ✷ 

『おおきに・・・。』


jmaiko.jpg 

  

画像提供:ムラカミ34 

✷君への手紙✷ 

 

ささやかだけど受け取れ~。 

  

 

「秋だぞ。

食べろ。」

「冬眠の準備はOKか?」

「寒くなってきたが、

お布団は足りてるか?」

「湯たんぽの温度調節には、

細心の注意を払えよ。」 22

✷当ブログご紹介($・・)/~~~ 


116当ブログはニュース情報を主に取り扱っているが、面白いと思ったり気になったものは動画でもなんでも取り上げる予定。

専門的になりすぎずに読みやすさを心がけていきます。

下▼におススメ一覧を挙げているのだ!

th_099_.gif 313

★ぜひ読んでもらいたいネタ★($・。・)/~~ 

まだまだ見てやってくだせぇ~(>_<。)

●しんみりとくる    詩     ロマンチ ●禁煙者の叫びーー(>_<)   コミカル    ●強引な裁判員制度(゜.゜)    シリアス              ●セブンイレブン業界の憂鬱   社会     ●生涯未婚率3割の衝撃!    男女    ●GM 破産法11条とは?    時事    ●マグニチュードと震度のお話   雑学    ●天からの世界への贈り物     奇想 ●宮崎マンゴーと東国原英夫    政治

▼▼下のカテゴリの中にありまする▼▼

猫のカテゴリ 

猫の最近筆っ書き帳 

猫のプロフィール 

猫侍

Author:猫侍
★猫ザムライ。

わしはいっつもこうやって寝るんっじゃ!
文句あっか!
冬はこの方が温かいんじゃ!

瀬戸内の海が見渡せる街に
生息。
時に真面目に、
時に不真面目に世の中を観察。
正義感が強く、
強がってなんでも耐えるフリをするが、
実はさみしがり屋だったりする。

あちっつ!

更新不定期。
方向性は定まらず、猫の如し。
痛いの、酷いの、悲しいのが嫌い。


★当ブログはリンクフリー。
相互リンク希望の地球人には受けて立つ。
★ブロとも申請バンザイ!
★気軽にコメントも待ってるなり($・・)/~~~
★できれば刺身と桜餅をくれ!





猫の月別冷蔵庫 

猫へのコメント 

✷グーグルあど✷ 

★猫のニュース速報★ 

地球上のこよみ 

明日なにしよう?

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンダーラインがある日をクリックしたら日替わり書庫です★

最新トラックバック 

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●出会いサポート
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「誰かが止めなくては」 事故で動揺、乗用車そのまま走行

 

 16日午後5時過ぎ、福島市森合の県道で、追突事故を起こした後、低速で走行していた同市の60代男性の乗用車を、通りかかった同市の会社員男性(45)が乗用車で進行方向をふさぎ停止させるという出来事があった。

 


 福島署や福島消防署によると、60代男性の乗用車が同市の女性の乗用車に追突、男性はその後、低速で約800メートル走り続けた。福島民友新聞社の取材に対し「止まろうと思いつつ、進んでしまった」と、事故に動揺したために走り続けたことを説明した。

 


 通りかかった会社員男性は、60代男性の動揺した様子の運転を見て緊急事態と悟り、この日納車したばかりの自分の乗用車を前方に停止して衝突させたという。会社員男性は「誰かが止めなくてはと考えた」と話している。

 


 福島消防署によると60代男性のほか、追突された女性とその同乗者の計3人が搬送されたが、いずれも軽傷のもよう。会社員男性も病院で診察を受けた。
(2009年10月17日 福島民友ニュース)

 


http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news11.html

 

  

  

自己を顧みない男性のとっさの判断。

  

うーーん、現場の状況は正確にはわからないが、

  

称賛に値しますな(・へ・)

 

  

  

【ランキング新規参加にゃん!】 

CMでもランキングでも・・・

叩けー!叩けー!叩けー363www

dannpei.jpg

モンドセレクション金賞1カット163円(゜食゜)↑

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

押してくださるかた本気感謝

スポンサーサイト
●出会いサポート
2009/10/19 00:15|心洗われる感動のニュースも読め!(笑)TB:0CM:1

 

「迷い猫処分かわいそう」 逃がした兵庫県警職員を訓戒処分に


   

 交番に届けられた「迷い猫」が殺処分されるのはかわいそうだと、逃すよう指示した兵庫県警の警察署勤務の男性職員が、届けを受け付けた際に作成した書類の廃棄も指示していたとして、所属長訓戒の処分を受けたことが6日、県警への取材で分かった。

 

 県警は「親切心から出た行動だが、公文書の廃棄は問題」と処分に踏み切った。県警によると4月8日、9歳の男児が路上で猫を見つけ交番に届けた。

飼い主が分からないと動物愛護センターに送られ殺処分になるため、職員は「飼い主の元に戻る習性がある」として、猫を見つけられた路上に戻すよう交番に指示。「戻るだろう」と考えて書類の廃棄も指示したという。

 

 翌日、猫の遺失届を出した飼い主が、逃したことを聞いて苦情を訴え、警察署は情報提供を呼び掛けるポスターも作ったが、猫は見つからなかった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091006/crm0910062106021-n1.htm

 

 

  

嫌なニュースばかりの昨今で、なんとも心温まる話題です(゜-゜)

  

飼う人、拾う人、センターでの殺処分に関わる人、

路上で餌を与える人、またそれを咎める人、

色んな人たちの主張が一度に垣間見えてしまいます。

  

でも、全てが単純に人間のエゴなのかも・・・。

  

こうしている今にも数えきれんばかりの犬や猫たちが、

エスカレータ式にその命を奪われていっています。

  

少し前にあった”崖っぷち取り残され犬”を思い出しました。

崖から救助されたのちに殺処分になることを知った多くの視聴者から、

「ぜひ引き取りたい。」という申し出があったとのこと。

 

しかし、その殺処分待ちの保護施設には、

その崖っぷち犬の姉妹も先に保護されていたのでした。

 

「引き取りたい」という申し出があったのは、

話題になった”崖っぷち犬”ばかり。

 

TVで散々報道してたから、情が移ったのでしょう。

 

ものすごい倍率で、引き取り手が決まったとのこと。

 

もう一方の姉妹とは、見た目もそんなに変わりません。

 

こう思ったかもしれません。

 

「私も崖に取り残されたかった。」

 

人々の関心が犬猫の殺処分から遠のいたと反比例するかの如くに、

そう思い、悲しみに暮れながら夜空の星になる犬猫たちは

増えていっていることでしょう・・・。

 

  

うう・・0eeeff42.gif 

 

 

 

崖っぷち犬は”リンリン”と言われていたようです。

  

tv1.gif  

▼リンリン崖っぷち騒動の動画▼

▼リンリンはその後再び動物愛護センターに戻った・・・▼

  

●出会いサポート
2009/10/06 22:26|心洗われる感動のニュースも読め!(笑)TB:0CM:0

 

アフガンで用水路建設の遺志実る  邦人殺害から1年


 【カブール共同】

アフガニスタンで非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の伊藤和也さん=当時(31)=が拉致・殺害された事件の発生から26日で1年。「現地の人たちと一緒に成長していきたい」と同会への志望動機を書いた伊藤さんの遺志を継ぎ、アフガン人らが今月、全長約24キロの農業用水路を開通させた。

PN2009082501000842_-_-_CI0003.jpg

  続き▼

 



▽続きを読む▽ ●出会いサポート
2009/08/26 07:32|心洗われる感動のニュースも読め!(笑)TB:0CM:0

 

【アフガニスタンで活躍する素晴らしい日本人らの挑戦】

  

連日殺人やら通り魔やら幼児虐待やら

悲しい報道ばかりが目につく。

  

以前は、たまにしかない凶悪事件だから、

当分の間詳細も犯人の名前も覚えていたけれど、

昨今では犯罪専門ルポライターでもない限りは片っ端から

忘れていってしまうほど

事件が数珠つなぎに頻発している。

  

報道する側も見る側もついつい凶悪な事件などの方に注目が行きがちだ。

人間の中に潜む”怖いもの見たさ”の心理でも

タズラしているのかな。

  

本当はもっと注目すべき、称賛すべき、見習うべき

素晴らしいニュースだって存在する・・・。

  

当初は素晴らしいニュースの方をもっと多く取り上げるつもりだったのに・・・。

  

トホホ・・・(ToT)/~~~

  

「まだ遅くない!!!」(◎o◎)!

    

てな訳で、

今回は初心に帰らせておくんなせぇ~。

  

以前に番組などで見たことあったんですが、

アフガニスタンで活動を続けていた福岡のNGOさんが、

ついに偉業を成し遂げた、という報道です。

  

動画ニュースだけではどんな取り組みだったかわかりにくいかもしれないので、

  

動画ニュース + 関連記事 + 

動画による以前からの取り組みの様子

  

をセットでご覧ください。

  

コツコツ、コツコツと努力を積み重ね、

ついに偉業を成し遂げた様子は、

まるで小説のような感動を伴う内容です。

PN2009073001000113_-_-_CI0003.jpg中村哲 医師

  

 ◆福岡のNGO、6年をかけて

アフガニスタンの支援に取り組む福岡市のNGO「ペシャワール会」が、

干ばつに苦しむアフガニスタンの東部で2003年から進めてきた

農業用水路の建設工事がほぼ完了しました。


動画ニュースで読む▼tv1.gif

http://www.47news.jp/movie/general/post_3027/

 

  
  

【関連記事と「ペシャワール会」について】

  

中村哲医師の著作に学会賞  アフガン用水路建設を記録

  
 干ばつに苦しむアフガニスタン東部で農業用水路建設を進めている

医師中村哲さん(62)の著書「医者、用水路を拓く」が30日までに、

農業土木に関する学術と技術の発展を目指す農業農村工学会(旧農業土木学会)

の学会賞のうち、本年度の著作賞に決まった。

  

 中村さんは同国の民生支援に取り組む福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」

の現地代表で、「平和を取り戻すためには水が必要」と用水路建設を計画し土木技術を独学した。

2003年に着工し、全長約24キロが間もなく完成する。

  

 同書は、約半分が完成した07年までの活動を記録。

次男の死や、国会参考人として同国への自衛隊派遣に反対したことなど、

身の回りの出来事を織り交ぜつづっている。

  

 学界の発展に寄与した著作に贈られる同賞は1992年に創設。

8月4日に筑波大である授賞式に、

現地で用水路建設の指揮を執っている中村さんは欠席する。

  

 代理出席する出版元の石風社(福岡市)代表で、ペシャワール会事務局長の

福元満治さん(61)は「建設の技術に自信があるとはいえ、

あくまでもアマチュアの仕事。専門の学会に評価されうれしい」と話している。

    

記事引用元▼

http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009073001000025.html


  

「ペシャワール会」▼

http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

 

  

  

「ペシャワール会」では、去年8月、会に所属する青年で現地で

農業指導を行っていた伊藤和也さんが何者かによって拉致され、

殺害されたという事件があった。

 

  

参考▼伊藤和也さん

日本の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」(本部・福岡市)の一員として、

アフガニスタンでサツマイモ、茶の栽培や灌漑議場などの農業指導を行っていた青年。

2008年8月、アフガニスタンにて,なにものかによって殺害。

武装勢力タリバンによって拉致、殺害されたと報道された。

同国で3千枚以上の写真を撮影。

2009年2月、NHKでその写真をもとにしたドキュメンタリー

菜の花畑の笑顔と銃弾」が製作された。

  


アフガン支援の伊藤さん追悼写真展 6日から静岡で


http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090804/CK2009080402000174.html

 

 

      

【中村哲 医師らによるアフガニスタン復興への取り組み 動画】

  

「アフガニスタン 命の水を求めて 第6回 9・11と空爆の間で」

  
  

自分が以前に見た内容の動画は見つかりませんでしたが、

いずれにしても素晴らしい内容です。

 

純粋な美しい心は参考になります~($・・)/~~~

 

きっと貧しくても心痛くなる犯罪や息苦しさのない社会の方が、

みんな幸せなんだ・・・。

 

●出会いサポート
2009/08/04 19:20|心洗われる感動のニュースも読め!(笑)TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧

✷Boooowwww!✷ 

✷絵描きさん専用 

アニメ ・ イラストブログ

✷スポンサードリンク✷ 

変わりダネ含む

✷ブログ内記事検索 

✷LINKS 

みんなと繋がるリンク 

どうかこちらもよろしく(@^^)/~~~

このブログをリンクに追加する

携帯からOK!QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 猫ZAMURAI~の物見櫓ニュース(*⌒▽ ⌒*)! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。